相模原 橋本 矢部 淵野辺 町田小山 多摩境 南大沢 

相模原 鍼灸 美容鍼 はり灸院こうえい 丁寧で親切な鍼灸院

東洋はり医学会 講習会

東洋はり医学会 講習会

2月19日(日)東洋はり医学会新宿支部定例支部会に聴講生として参加してきました。


東洋はり医学会とは昭和34年に設立され、経絡治療の専門家を育成してきた学術団体です。


この東洋はり医学会副会長の谷内先生は私が所属する相模原鍼灸マッサージ師会の会員であります。


谷内先生には相模原鍼灸マッサージ師会が主催する講習会で経絡治療の基礎を昨年、一昨年と二回教えて頂いたことがあります。


また、谷内先生のお弟子さんが私の知人というご縁もあり、以前から講習会参加のお誘いを受けており、日程調整して今回の参加となりました。


午前10時頃から開始です。


まずは会員への報告があった後、4グループに分かれて実技に移りました。


私は聴講生グループに入り、東洋はり医学会の基本練習を行いました。


まず最初は脈の診かたです。


東洋はり医学会では脈の状態を診て鍼の打ち方を決定するそうです。


脈を診る練習の後は実際の鍼技法の練習です。


レジメの ”基本刺鍼” に習い実際に刺鍼し、脈の変化を確認するということを反復し午前中は終了しました。


午後は講師の先生が患者役の方に実際の経絡治療を一連の流れで行いました。


東洋医学の四診法(望聞問切)を用いて、丁寧に患者さんの訴えを聞きながら証を立てていきます。


証が決定したら治療に移ります。


一つ一つの施術ごとに脈とお腹の状態を確認します。


一連の治療の合間に解り易く丁寧に解説をしていただいながら実際我々も触診し変化を感じながらのデモンストレーションでした。


その後の質疑応答も丁寧に解り易く解説して頂き、16時30分頃終了しました。


久しぶりに朝から夕方までどっぷりと東洋医学に浸った一日でした。


今までの経絡治療の知識は断片的で漠然としたものでしたが、今回の講習会に参加して、断片的たったものが繋がっていき、漠然としてものが鮮明になり更に深い知識が得られたと感じています。


今回得た知識技術を日々反復し、当院の患者さんにしっかり反映できるよう精進したいと思います。


更に腕を磨いて数か月後の講習会に参加したいと思っております。

東洋はり医学会

コメント


認証コード3704

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional