月経前に起こる片頭痛

月経周期ごとに身体の変化を感じている女性は多かれ少なかれいらっしゃいます。

それは個人差がかなりあり、ほとんど変化を感じない方から月経時は起き上がれないくらい重篤な症状に見舞われる方も少なくありません。

特に月経前に心身の様々な不調が起こる『PMS(月経前症候群)』は70~80%くらいの女性が経験していると言われています。

そのPMSの症状のひとつと考えられる『月経前に起こる片頭痛』ついてお話したいと思います。

片頭痛とは、基本的に片側の頭部(主にこめかみあたり)に起こる脈打つような痛みと吐き気を伴う頭痛のことです。

多くは、こめかみ辺りにある浅側頭動脈が三叉神経を刺激して痛みや吐き気などの多様な症状が起こります。

一般的は対処法は、患部の冷却、光や音などの刺激を避け、可能であれば暗所で休息することが挙げられます。

しかし、『月経前に起こる片頭痛』だと少々状況が変わります。

月経前前に起こる片頭痛の原因は、月経周期ごとに起こるホルモンバランスの崩れが主な原因と言われています。

月経後、エストロゲンが分泌され、排卵前にピークを迎えますが、月経開始前急激に低下します。

この急激な変動が片頭痛に関係していると言われています。

ですので、一般的な片頭痛の対処法に加えて、ホルモンバランスを整える鍼灸が有効であると考えています。

過去ブログにホルモンバランスに効果のあるツボをご紹介しておりますので是非参考にしてください。

【女性ホルモンを整えるツボ】
〈三陰交〉
「女性の味方三陰交 / 2016年5月」
〈関元〉
「お灸で妊娠力を高めましょう / 2016年6月」

頭痛 片頭痛

コメント


認証コード2257

コメントは管理者の承認後に表示されます。